【火も包丁も一切使わない】5分調理|激旨タラモチーズ焼き

taramoti-zu レシピ

暑い~、料理したくないー

毎日のお弁当作り…いつも同じになっちゃう

今日はもうへとへと…料理は手抜きしたい

そう思った方必見です!

暑くても、忙しくても、疲れていても、食事の準備は必要です。

たまには手抜き料理をしませんか?

手抜き料理をたまに取り入れることで、心と時間と体力に余裕ができます。

家族と優しい気持ちで食事の時間を過ごすことは、食育の観点からみても必要です。

頑張りすぎている皆さんへ、頑張らないでできる料理の紹介です。

【この記事を書いた人】

tanu(たぬ)

現役の管理栄養士。30年以上現場の栄養士として働き、知り得た情報や知識を分かりやすく発信するサイトの管理人。

社員食堂(総食数3000食/日)、総合病院、仕出し弁当、スーパー総菜、障がい者通所施設、セントラルキッチン等経験し、2008年より特別養護老人ホームで就労中。

管理栄養士名簿登録年月;平成8年11月(管理栄養士名簿登録番号 7****号)

詳しいプロフィールはこちら

ネイティブ記事内

【火も包丁も一切使わない】激旨タラモチーズ焼きの作り方

①耐熱皿に、出来合いのポテトサラダを適量入れ、平らにします。

②たらこ(ばらこ)を同様に平らにぬります。

③とけるチーズをたっぷりのせます。

④トースターで焼き目がつくまで焼けば出来上がり。

トースターで焼く前に、電子レンジで3分程度温めると、早く焼き目がつきますよ

チーズの栄養

チーズはご存じの通り、牛乳が主原料です。

ですので、たんぱく質、カルシウムが豊富です。

100gあたりで比較すると、たんぱく質は牛乳の約7倍、カルシウムは約6倍含まれています。

又、チーズには『乳糖』がほとんど入っていないため、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方も安心して食べられます。

ビタミンAやビタミンEも含まれ、皮膚や粘膜を丈夫にする、抗酸化作用がある、など、美容にも良い食材です。

身体に良い成分がたくさん含まれるチーズですが、毎日大量に食べるのはやめましょう。

こちらも合わせて読みたい↓

今回使用した材料は、すべて冷凍保管可能な食材です。

使い切れなかった分は、そのまま冷凍保管してもいいですし、耐熱皿や銀カップ等に食材を入れ、焼くだけの状態にして冷凍保管しても便利です。

まとめ

今回は、頑張りすぎている皆さんへ、頑張らないでできる料理の紹介をしました。

火も包丁も鍋も使わず、タラモチーズ焼きが5分でできます。

おつまみに、お弁当のおかずに、もう一品欲しい時に、疲れた時に….。

たまには手を抜いて、家族との団らんを楽しみましょう。

こちらも合わせて読みたい↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が、少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました